ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの効果的な使い方を紹介

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの効果的な使い方とは?

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトには保湿力の高いヒト型セラミドやコラーゲン、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸など美肌に導いてくれる美容成分がタップリと含まれています。

そんなローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの実力をしっかり発揮するための効果的な使い方をご紹介します。

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトを使う上でのポイント

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトを使う上で最低限押さえておきたいポイントを下記にまとめました。ただし、肌環境や肌質によって微妙に変えた方が良い場合があります。

check

  • 朝・夕の1日2回のデイリーケアが基本
  • 朝は10円玉程、夜は500円玉サイズを目安に使う
  • 洗顔後すぐに塗る
  • 事前に両手で温めてから使う
  • ハンドプッシュで最後に押し込む

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトを使う具体的な手順と使い方

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトは素材や原材料にこだわった上に、驚異の97%が美容成分という贅沢な濃密オールインワンジェルです。その恩恵をしっかりと受けるためにも下記の4つの工程に沿ってケアしましょう。

1.洗顔やクレンジングの徹底

肌表面に古い角質や汚れ、メイク残りがあると、ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの有用成分もしっかりと浸透しません。クレンジングや洗顔料を使ってキチンと洗顔してからローヤルゼリーもっちりジェルホワイトを使うようにしましょう。

2.両手で温めて浸透力アップ

適量を手の平に出したら両手でこすり合わせるようにして、体温で人肌に温め浸透力をアップさせます。ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトを温めたら指の腹や手の平で優しく塗布していきます。

3.中心から外側、下から上に塗っていく

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトを顔の中心から外側にかけて、重力から逆らうように下から上に優しく マ ッサージするように塗っていきます。

余計な圧力や摩擦は肌トラブルの原因になるため注意しましょう。皮膚が薄く乾燥しやすい目元や口元などはシワになりやすい為、重ね塗りするのがおすすめです。

4.ハンドプッシュで最後に押し込む

最後に両手で顔を覆い数秒間押さえて、掌の体温で有効成分を肌の奥にギュッと押し込みます。ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトは肌馴染みが良いので塗った直後からサラサラになるのでとっても使いやすいです。

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトを使う上でのちょっとしたコツ

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの基本的な使い方は上記の通りですが、更に効果を高めるためにちょっとしたコツもご紹介いたします。

洗顔後や入浴後すぐに塗る

入浴後や洗顔後は秒単位で肌内部の水分が蒸発していっています。エイジングケアや年齢肌ケアを意識するなら、洗顔後や入浴後はすぐに保湿ケアを行うのが基本です。

脱衣所や洗面所にローヤルゼリーもっちりジェルホワイトを準備しておき、洗顔後や入浴後すぐにローヤルゼリーもっちりジェルホワイトを塗れるようにしましょう。

朝と夜で使う量を変える

昼間は仕事や買い物で出かけるなど、外出の機会も多く肌にストレスが溜まりがちです。また、就寝中は成長ホルモンが活発に分泌されるため、美肌作りに大切な時間です。

朝よりも就寝前の夜の方が入念にスキンケアを行いましょう。ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトを使う場合も『*朝のケアでは10円玉大、夜は500円玉大』を目安に使うのがおすすめです。

※ジャータイプとチューブタイプでは取り出し方に違いがあるのであくまで目安です。

肌質によって使い方を微妙に変化させる

人間の肌環境は常に一定というわけではありません。季節や生活環境によって肌環境も変化します。秋や冬など乾燥が気になる季節にはたっぷり目に使うのもオススメです。

またオイリー肌(脂性肌)、乾燥肌、敏感肌など肌タイプによっても使う量や使い方を微妙に変えましょう。

乾燥が気になる季節はパックもオススメ!

冬場など大気の乾燥が気になる時期などは、スペシャルケアとして何時もよりたっぷりと出し顔全体のパックとして活用しましょう。潤いで満たされてしっとり感が違います。

年齢が出やすいデコルテや首も同時にケア

首やデコルテは意外にも年齢肌が出やすい部位です。ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトで首やデコルテも顔と同時にケアしましょう。

首はシワやたるみができやすい所でもあり、実際にシワやたるみがある場合は片方の手で伸ばしながら塗ることで折りたたまれた所も効果的に塗ることができます。

その時に同時に鎖骨から顎にかけてリンパを流すようにマッサージしてあげましょう。